更地にしてから売却するメリット

未分類

古い家を解体して更地にしてから売却することには、多くのメリットがあります。

このページでは、更地にしてから売却することで得られるメリットをご紹介します。

土地を売ろうと考えている人は、ぜひこのページをチェックしてみてください。

売却しやすい

更地にして売ると、土地が売却しやすいというメリットがあります。

土地に建物がなく更地になっていると、買主は購入した後すぐ新しい建物を建てることができます。

買主は古くなった家を解体する手間がないため、購入してもらえやすいのです。

更地である土地は、すぐに地下埋設物や土壌汚染などの調査をすることができます。

そのため土地について調査をしてから購入したい買主にとって、購入しやすくなります。

このように更地にしてから売りに出すことには売却しやすくなるポイントが多くあるのです。

高い値段で売れる

更地である方が、高い値段で売却しやすくなるというメリットがあります。

都市部では更地の土地が少ないため、建物の立っていない更地の土地は需要が高いからです。

幅広い使い道のある土地であるほど、購入者の幅は広がるため、購入したい人が集まりやすくなります。

更地である土地は、住宅にすることもでき、オフィスにすることもでき、店舗にすることもできます。

このように更地の土地は、幅広い使い道があります。

更地の土地は幅広い使い道があり人気であるため、競争原理が働き、値段が競り上がるのです。

瑕疵担保責任を負わなくて済む

更地にしてから売ると、「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」を負わなくて済むというメリットがあります。

瑕疵担保責任とは、購入後のトラブルを防ぐために、あらかじめ売主が知らなかった「隠れた欠点」について、売主が責任を負う範囲を明確にすることです。

古い家を売却した後に、買主が古い家にある欠点を見つけた場合、売主は瑕疵担保責任を問われる可能性があります。

売主が瑕疵担保責任を負うことになった場合、契約解除となったり、損害賠償金を請求されたりすることがあるのです。

古い家を解体して更地にしてから売れば、古い家に欠点が見つかることがありません。

そのため瑕疵担保責任が発生する心配がないのです。

まとめ

このページでは、更地にしてから売却することで得られるメリットをご紹介しました。

ご紹介したように、古い家を解体して更地にしてから売却することで、多くのメリットが得られます。

これから土地を売ろうと考えている人は、ぜひこのページを参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました